施設めぐり

大阪の海水浴場【箱作・ぴちぴちビーチ】☆箱作海水浴の攻略情報


スポンサーリンク

大阪南部にある『箱作(はこつくり)海水浴場 』。

ニックネームは「ぴちぴちビーチ」という 可愛い愛称☆

そんな『箱作海水浴場 』の駐車場料金や 海、砂浜の様子、海の家のメニューなど紹介した記事です。

大阪の南 阪南市(はんなんし)にある『箱作(はこつくり)海水浴場 』の様子を調査してきました。

別名「ぴちぴちビーチ」と呼ばれ、子どもでも覚えやすい名前~ ┌(°∀°)b

『箱作(はこつくり)海水浴場 』は、和歌山県に近い「阪南市にある海水浴場」★

期間は7月1日~8月31日 

大阪方面からのアクセスでは 大阪府道752号を走れば「ようこそぴちぴちビーチへ:看板目印」が大きく掲げられ 分かりやすいです。

では、駐車場に停めて『箱作海水浴場 』海岸の様子、トイレやシャワー・ロッカーについて などレポートした様子です p(^-^)q





『箱作海水浴場』の駐車場料金と駐車場

『箱作(ハコツクリ)海水浴場 』へのアクセス(地図)は 上記グーグルマップで確認くださいね!

では『箱作海水浴場 』の有料駐車場へ向かいます。

駐車場へ入るまえに入場ゲートがあり、スタッフさんがいますので「前払・現金」でパーキング代金を払います。


(クレジットカード払いは不可能)

『箱作海水浴場 』海水浴シーズンは、駐車場料金が以下となります。

-箱作海水浴場 駐車料金(1日あたり)-

●普通車 1,240円

●バス 2,470円

●バイク 210円

(※海水浴場開設期間(7月上旬~8月下旬)の料金)

ちなみに 12月~2月(月曜日~土曜日)は、日曜・祝日を除き 駐車料金が無料(タダ)なんです★

海水浴の夏の季節だけでなく、植物など自然あふれた場所(公園)なので 冬の時期でも散策に楽しめます o(^^o)

(なお、不明点があれば 箱作海水浴場管理組合 072-476-3319 まで電話確認してくださいね。)

さぁ『箱作海水浴場の駐車場』へ走りますよ~★

といっても、入り口ゲートから ホントすぐ近くです。

車で進むと、30秒後には 駐車場がデデーン!と 約1,000台収容可能でございます ヽ(*゚∀゚)ノ


(運動場のように白線が引いてあるよ ありゃ 消えかかってるけど 笑)

『箱作海水浴場の駐車場』は、アスファルト等で整備された駐車場ではなく「土の地面の駐車場」

なので、前日に雨が降ると 地面がぬかるんでいます。。。お気をつけてー σ(^_^;)

この日も 水たまりがあり、注意して歩かないと靴(サンダル)が汚れるような状態でした。


(ぬかるみが 点々とありました、お気をつけて~)

とはいえ、とても広い『箱作海水浴場の駐車場』なので ストレスなく停めれますよ☆

さて わたしが駐車したのは 午前10時前でしたので、かなり空いてました。

(ぴちぴちビーチの営業は9時からです)

7月後半~猛暑になる8月では 土日など混雑が予想されますが、混んでいても 海には行きたいものです~( ̄▽ ̄*)

ではでは、クルマも駐車したので いよいよ『箱作海水浴場(ピチピチビーチ)』へ向かいます☆

『箱作海水浴場(ピチピチビーチ)』の海岸を動画紹介

大阪南部の『箱作海水浴場(ピチピチビーチ)』海岸です~!


(ライフセーバーの方も監視してました)

いやぁ~海水浴場って どこの海へ行っても、見晴らしがよく気持ちの良いものです。

まだ、午前10時とあって、観光客(海水浴客)が ボチボチやって来る・・・そんな感じかな。

『箱作海水浴場(ピチピチビーチ)』は長さが700メートル(遊泳区域460メートル)で奥行きは80メートル★


(水深も案内してるので、溺れないよう注意してね)

駐車場から徒歩で1分ほどで 砂浜にたどり着きます、最高~。

『箱作海水浴場』の動画撮影もしましたので、ゼヒご覧頂けると 雰囲気がわかります (^ε^)♪

天気が良いと 淡路島や四国、関西空港と離着陸する飛行機が見られるようです!

ところで、遠くから眺めた『箱作(ハコツクリ)海水浴場 』は ブルーオーシャンでキレイですが、実際に入る「海水」は綺麗なの?

それとも汚れているの?

海岸の波打ち際まで来て、水質確認してみました。

動画チェック!『箱作海水浴場』の海水(水質)キレイ!?

一般的に 遠くから見ると 海はだいたい きれいに観えます。

ところが、近く 波打ちぎわまで寄ると・・・わ~ワカメやらゴミやら浮いて汚れていた( ゜Д゜;)!

なんて 残念な海岸もありますよね。

ということで『箱作海水浴場の海水・砂浜』は綺麗なのか?近くに行って調査ー!

砂浜を歩いて、波打ち際まで来ました。

おっ!!『箱作海水浴場の海水』・・・美しいかも~ヽ(*’0’*)ツ

写真を見てください。

海水が透き通っており 下の砂が見えます★

これは・・・良いねー!

YouTube動画を観ると、ますます水質の臨場感が伝わりまっせ!

『箱作海水浴場』の海水は透き通ってました。

これなら、小さな幼児さんでも子供さんも 楽しく遊べそうです p(^-^)q





『箱作海水浴場』シャワー室(ロッカー)料金とトイレ

お次は『箱作海水浴場』に設置されている[シャワー室(ロッカー)]と[公共トイレ]を紹介します。

[男女別のシャワー更衣室(ロッカー)]が2箇所あり 利用できます。


(緑色の 比較的に大きな施設です)

[シャワー室(ロッカー)]の出入り口に スタッフがいてお金を払うシステム(^~^)。

ー箱作海水浴場の[シャワー室(ロッカー)]使用料金ー

●シャワーのみ:大人中学生以上 400円

●シャワーのみ:3歳以上 100円

●シャワーとロッカーのセット:700円

(※シャワーチケット(券)発行は16時30分まで)

また、公共トイレですが 小さなトイレ施設ではなく、案外と大きく目立ちます(笑)。


(↑ なんかの建物?と思わせますが、トイレだよ~)

そして、トイレの数も4箇所と そこそこ有るので 小さなキッズと海水浴へ行っても トイレには困りません★

一応、和式便座がほとんどですが 洋式トイレもあります (^-^)ノ


(清掃員のかたがいて 掃除されるので トイレットペーパー補充もバッチリ☆)

『箱作海水浴場』売店(海の家)メニュー価格とサービス

さて[海の家]ですが、箱作海水浴場(ぴちぴちビーチ)には1店舗あります。

「AQUA BLUE(アクアブルー)」という海の家(売店)が1軒ありました。(アクアブルー:090-5121-0000)


(お店の前にある メニューボード)

売店で買った食べ物や飲み物をテーブル&イスに座り 飲食ができます。

●海の家「AQUA BLUE(アクアブルー)」のメニュー料金

・カツカレー800円

・カレーライス700円

・カルビ丼700円

・焼き鳥マヨ丼700円

・牛丼700円

・塩カルビ丼700円

・焼き飯700円

・ラーメン600円

・月見うどん(そば)600円

・エビピラフ¥700

・焼きそば¥600

・きつねうどん(そば)¥600

・カレーうどん(そば)600円

・肉うどん(そば)600円

・ホルモン500円

・冷やしぶっかけうどん(そば)600円

・カップヌードル350円

・おにぎり¥300

・カラアゲ、ポテト、フライドチキン、フランクフルト 各300円

(価格は2019年7月現在)

また[かき氷]も種類がいろいろ~ (/ ^^)/

●海の家AQUA BLUE(アクアブルー)「かき氷」値段

・いちご、メロン、みぞれ、レモン、ブルーハワイ、マンゴー、宇治茶 各450円

・ミルク金時、宇治金時¥550

(※ミルクかけ 追加料金は50円)

(価格は2019年7月現在)

ファミリー世帯では、海岸や木陰にテントを貼り 弁当や水筒を持参で食べることが多いですが、高校生や友達どうしで来るなら[海の家]を利用するのも良いですね。


(海の家AQUA BLUE(アクアブルー)の外観)

ところで、海の家(購買)では、飲食物だけでなく「浮き輪」などのビーチグッズも売っています。

(ツイッターより引用)

また、有料で[空気入れ200円(ボート300円)]も承っています。





海で泳ぐ(遊ぶ)オススメグッズ

プールも楽しいけど、海も楽しい。

とくに 浮き輪に乗り 寄せたり返したり「波」に揺られるのは 本当に気持ち良いです ( ̄▽ ̄*)

そんな海水浴ですが、シンプルに[水着と浮き輪]だけあればOKではありません。

海水浴に 必須なグッズや便利グッズの一例を紹介します。

●海水浴での必要な物や便利グッズ

1.お茶(水筒)やペットボトル飲料

・海に入っているからこそ、飲み物は必須です。

脱水状態や熱中症予防のため、スポーツドリンクもお勧めです。

2.お弁当、お菓子(スナック菓子)

・赤ちゃんや幼児さんがいると、小腹がすくこともあります。

そんなとき、個袋のせんべいや クッキーなどあると便利。

(チョコレートは溶けるので オススメできません)

3.クーラーボックス

・飲み物や食べ物を冷やすため、また傷まないようクーラーバッグやクーラーボックスは あると便利です。

冷たいジュースは最高~!

4.レジャーシート(敷物)

・砂浜の上で座るのは 正直ツライ、痛い、熱い。。。

シートがあれば、背中やお尻に砂が付きません。

5.簡易テント

・真夏の日光はギラギラしています。

とくに幼児さんを連れているなら、日陰は必要!

熱中症予防にもなりますし、ちょっとした目隠しにもなります。

6.サンダル・アクアシューズ

・プールと違い、海岸や海中はケガをしやすいです。

サラサラした砂浜といえど、裸足で歩けば ガラスや石、貝殻などで足をケガすることも。。。

砂場だけでなく 海で泳ぐときも 必ずサンダル(クロックス)やマリンシューズをはき、泳ぎましょう。

7.帽子やサングラス

・熱中症予防には「帽子(キャップ)や麦わら帽子」をかぶりましょう。

頭に直接 太陽光をあびると めちゃめちゃ暑いし、病気の元!

海へ 頻繁に潜っているなら 比較的 良いですが 長時間 砂浜で座っているなら テント内に居るか、帽子(日傘)をかぶりましょう。

また、サングラスも紫外線から「目」を守ります。

必ず「紫外線カット(UVカット)サングラス」をかけましょう。

(ただのデザイン性あるファッションメガネでは駄目です)

8.うちわ・携帯扇風機

風が無いので 意外と暑い海水浴。。。

子供たちと共に 海での水中時間が長いなら良いですが、砂浜で見守るばあいは「うちわ」など仰ぐものがあると涼しくて便利。

うちわや「携帯扇風機」を持っていきましょう。

9.ウォータータンク

・海水浴が終わり 身体を洗いたいとき、小さな子供さんなら「ウォータータンクの真水」でジャーッと洗えます☆

(シャワー室に行く手間が省けますね (^ε^)♪)

10.スマホの防水ケース・カバー

ツイッターやラインなどSNSで写真投稿するとき、そのままのスマホ状態では海水に濡れて うっかり故障原因となります。

万が一のため「防水カバー」を付けておくと安心です。

その他、バスタオルや日焼け止めクリーム、ウェットティッシュ、ビニール袋、絆創膏など救急セットもあると便利です。

まとめ:『箱作海水浴場(ぴちぴちビーチ)』は駐車場から近くて便利!

大阪の南部に位置する『箱作(はこつくり)海水浴場』は、とてもキレイな海岸でした☆

また、駐車場から3分もかかりませんので(1分ほど)、小さい子供さんでも手を繋いで歩けます。

飲み物は、海の家(売店)はモチロン、自動販売機もありますよ~。


(シャワー更衣室のとなりにあった自販機)

『箱作(はこつくり)海水浴場』の開設は 昭和61年6月28日~で30年以上もの長い歴史ある海水浴場。

箱作の海浜の 自然あふれる場所で、楽しい夏の思い出をつくってくださいね (*^ ・^)ノ⌒☆

ー箱作海水浴場(ぴちぴちビーチ)詳細情報ー

・名称:箱作海水浴場(ぴちぴちビーチ)

・住所:大阪府阪南市箱作3346先

・管理事務所:072-476-3319

・営業期間:2019年7/1~8/31

・営業時間:9:00-17:00

・駐車場:あり(有料です)

・シャワーあり|400円

・ロッカーあり|シャワーとセットで700円

・バーベキュー 可

※ 南海電車・箱作駅から来るばあい[無料シャトルバス]が運行しています。

ただし、海水浴期間全てでは ありませんので「 阪南市・箱作海水浴場(ぴちぴちビーチ)」HPで確認ください。

※禁止事項 ビーチでの花火、ペットの持込、遊泳区域内のジェットスキー・サーフィン・ボディボード・ウインドサーフィン・ビーチバレー(特設コートは除きます。)火気使用、物品販売等 は禁止されてますので、ルールを守って遊びましょう。

最後に「雨天の海水浴場の営業」について案内します。

7月1日から海開きしていますが、悪天候で雨がひどい日は、朝から海水浴場の営業は休みの場合もあります。

営業か休業か不明なときは 電話で問い合わせください。
TEL:072-476-3391

以上「大阪の海水浴場【箱作・ぴちぴちビーチ】☆箱作海水浴の攻略情報」の話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー 関連記事 ー
◆大阪南部(南泉州)の公園【せんなん里海公園】駐車代金が12月~2月まで平日は無料~海に近いし遊戯場も楽しめる~
◆タコ遊園や磯浜遊び!大阪・関西の公園【せんなん里海公園】~無料Wi-Fiもつながるよ~
◆2019年タルイサザンビーチ7月6日(土) ~ 8月18日(日)海開き!サンダル必須だが泉南イオンに近く便利(りんくう南浜海水浴場)~国内最大級ビーチフェスや花火大会も~

 


スポンサーリンク

関連記事

  1. 泉佐野市【りんくう中央公園】~駐車場料金やテニス利用方法~
  2. 泉佐野市の漁港【青空市場】攻略~無料駐車場や営業時間の紹介~
  3. マーブルビーチでの【バーベキュー利用】の攻略情報~駐車場料金やB…
  4. 泉佐野の奈加美神社【七五三詣り】~無料駐車場は5台あり~
  5. 秋のおでかけ☆熊取【永楽ゆめの森公園】攻略~アクセスや駐車場・遊…
  6. 大阪・田尻の【日曜朝市】攻略~新鮮な魚介類や野菜・惣菜を紹介~
  7. 大阪・阿倍野区の【Dr・ストレッチ】~着替えやストレッチの流れと…
  8. 大阪のニトリ店舗【りんくう店】~営業時間と駐車場料金の紹介~

コメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP