施設めぐり

大阪の阪南市「波太神社の初詣(初参)」~駐車場や波太神社の歴史~


スポンサーリンク

大阪・阪南市にある【波太神社(はたじんじゃ)】。

古くより 大阪府下では「最大級の神社=波太神社」と知られていました。

また、かの有名な 織田信長の信仰心も厚かったそう。

熊野古道沿いにある大鳥居は 熊野詣の際、神社に寄らず参拝できるよう、信長公が地元民に命じて造らせました。

この鳥居は 波太神社大鳥居、拝殿を一直線に結ぶよう 建立。

信長公は 紀州雑賀討伐の際【波太神社】に本陣を置いています。

国の重要文化財でもある「波太神社の社殿・本殿」は、1638年(寛永15年)に建立された立派な神社。

そんな【波太神社(はたじんじゃ)の初詣(初参り)】への車や電車のアクセス。

無料駐車場や境内の様子を調べてみました。





大阪・阪南市【波太神社の無料駐車場】

初詣へ行くのに 大阪・阪南市【波太神社】のアクセスは グーグルマップ・ヤフー地図を確認ください。

神社は第2阪和国道に近いですが、住宅街を通り 道幅は比較的 狭いです。

波太神社 グーグルマップ

(〒599-0221 大阪府阪南市石田167)

平日の【波太神社 無料駐車場】です。


(信号交差点「石田」のすぐそばで 車(スズキ)店も見えます)

舗装されてないパーキングですが、整理して駐車すれば 車台数は確保できそうです。

(年末年始でのお参りでは、駐車場や近辺は 混み合うと思われます)

波太神社 社殿等の様子(動画あり)

阪南市の波太神社「手水舎や社殿」などの施設を調査しました。

駐車場(有料ではないです)に車を停め、すぐ右手は[馬場先(ばばさき)]です。


(馬場先=馬場の前方の乗ってきた馬を停める所。うまとどめ。馬場末)

波太神社の大鳥居。

写真で見ると、大きさは伝わらないが 実際の大鳥居を見ると「大きい!」と思います。(およそ 4m位でしょうか★)

波太神社の狛犬、大鳥居、そして まっすぐにのびた参道を youtube動画 撮影。

臨場感が伝わりますので、よければご視聴ください o(^^o)

さて 毎年10月の秋祭りでは「阪南市内各地区のやぐら」が、この波太神社・拝殿前階段を駆け上がる豪快な「宮入り」が行われます。

その宮上がりでは、↓ 波太神社の太鼓橋を通るのも 大変なんだそう。


(太鼓橋は、形体がアーチ、半円状になっている)

波太神社の手水舎(ちょうずや)です。


(手水舎は 参拝者が身を浄めるため 手水を使う施設)

波太神社の御神馬。


(凛々しい神馬です^^)





波太神社の社殿(拝殿) 渋くてカッコいい

波太神社の御神馬を通り過ぎると・・・

波太神社の拝殿(社殿)ですが 渋い(☆。☆)


(本殿と同様に拝殿も 国の重要文化財に指定されている)

石階段を上がってみると、このように よ~く中が見えます!


(ご祈祷、ご祈願をする場所でしょうか★長椅子があります)

ところで 波太神社の初詣 様子は「twitter画像」にて引用させて頂きます。

多くの参拝客がおられますね~(^ε^)♪

年末年始は とても寒いですので、風邪など引かないよう体調管理にはお気をつけください。

ちなみに、波太神社のすぐお隣には「鳥取戎神社」「鳥取神社」があります。

向かって左側は「鳥取戎神社」で、えべっさんですので、仕事(事業)されてる方は ご存知ですね。

向かって右側は鳥取神社で、もともとは山中神社(山中渓)が合祀されたもの。

山中神社は「足神様」とも呼ばれ サッカー選手やマラソン選手で知る人は お参りに来るとの事 (*^o^*)/~





波太神社について(歴史・由緒)

鳥取氏の祖神である「角凝命(つのこりのみこと)」を桑畑に祀ったことから【波太】の名前が付いたとも。。。

創建年代は不明です。
しかし 927年に完成の「延喜式(えんぎしき)」という 当時 政治関係の規則の書物には「鳥取郷の総社」として 記載がみられることから、927年には 既に波太神社は創建されていたと思われます。

波太神社の本殿に祭られているのは『波太宮(祭神は角凝命)』と『八幡宮(祭神は応神天皇)』。

末社三神社には『天湯河板挙(あめのゆかわたな)の命』『神功皇后』『武内宿禰(たけのうちすくね)』が祭られています。

また、本殿の前にある[石灯籠]は、慶長5年の銘があり 豊臣家の重臣 片桐且元(かたぎりかつもと)が寄進したものと伝えられています。

車でのアクセス方法は 先程 記載しましたが、最後に「電車やバス」での 波太神社アクセス方法を案内します。

電車で行く場合、最寄り駅「JR阪和線・和泉鳥取駅」より 徒歩で行きます。

距離は2キロ弱 徒歩15分はかかりますが、ほぼ直線を歩く道のりですので、地図を見れば 到着可能と思われます。

また、バスで行く場合「南海本線尾崎駅」→「南海ウィングバス南部 尾崎線」があるので乗車。

尾崎駅から9番目停車の「波太神社前」を下車で、神社はとても近いです。

国の重要文化財にもなっている「波太神社の社殿と本殿」。

歴史の深い 波太神社の初詣に ゼヒ 足をお運びくださいね。

以上「大阪の阪南市「波太神社の初詣」~駐車場や波太神社の歴史~」について調べてみました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー 関連記事 ー
◆阪南【波太神社(はたじんじゃ)七五三詣り】~駐車場や祈願料金について~
◆泉佐野 日根神社の【お正月 初詣】駐車場やご利益について
◆大阪・泉佐野『奈加美神社で初詣』~バスや電車でのアクセス方法~

 


スポンサーリンク

関連記事

  1. 貝塚【水間寺(水間観音)の七五三詣り】~ご祈祷料金や七五三期間 …
  2. DQウォーク 大阪のランドマーク【ご当地クエスト お土産】通天閣…
  3. 泉佐野の奈加美神社【七五三詣り】~無料駐車場は5台あり~
  4. 大阪・田尻の【日曜朝市】攻略~新鮮な魚介類や野菜・惣菜を紹介~
  5. 大阪のニトリ店舗【りんくう店】~営業時間と駐車場料金の紹介~
  6. 大阪の海会寺跡「法隆寺式伽藍配置」で五重塔があった~国史跡や重要…
  7. 泉佐野市の漁港【青空市場】攻略~無料駐車場や営業時間の紹介~
  8. 【Dr.ストレッチ 感想レビュー】3回目のストレッチ専門店 訪問…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP