おでかけ関連

大阪・泉佐野『奈加美神社で初詣』~バスや電車でのアクセス方法~


スポンサーリンク

国道26号線から すこし路地にはいると【奈加美神社(なかみじんじゃ)】があります。

大阪・泉佐野市 中庄にあり、最寄り駅は 南海本線「井原里駅」。

平安時代初期に創建されたと思われる【奈加美神社】では お正月の初詣(1月1日 歳旦祭)もされています。

府の指定文化財にもされている【奈加美神社】の本殿も見る価値がありますよ (*^ ・^)

そんな【奈加美神社】での 年末年始の初詣(参拝)について調査しました。





奈加美神社へ「電車」や「バス」での交通アクセス

奈加美神社へ「電車」で行く場合のアクセスを案内します。

奈加美神社への最寄り駅は 南海本線「井原里駅(いはらのさとえき)」。

下の画像では、↓ 番号1が【奈加美神社】なので、距離にして600メートルほど(徒歩15分弱)です。


( ※ 画像は クリックすれば拡大。CLOSEを押せば戻る)

また「バス」で向かう場合 南海本線「泉佐野駅」からバスが出ています。

[いずみさのコミュニティバス]へ乗るばあい、中回りに乗り「バス停・中庄」で下車します。

「泉佐野駅」~「バス停・中庄」までは約4分ほどで到着します。

([いずみさのコミュニティバス]は「中周り」「北回り」「南回り」があるので、間違えずに乗車ください)

ところで ウレシイことに[いずみさのコミュニティバス]は かつては有料(大人150円)でしたが 現在は運賃無料なので 利用するのもお勧めです (^-^)ノ

ところで コミュニティバスの他に「南海ウイングバス南部」熊取山手線方面に乗車でも 神社へ近いです。

片道運賃は大人200円(小児 100円)必要です。

走行し4分ほどで、最寄りバス停「天神山口」へ到着。

400メートルほど歩けば【奈加美神社(なかみじんじゃ)】です。

ちなみに、クルマで来るばあい、参拝専用の無料駐車場が神社向かいにあります。

詳細は下記記事をお読みください。
(泉佐野の奈加美神社【七五三詣り】~無料駐車場は5台あり~)

奈加美神社(なかみじんじゃ)「年始の行事」

では 奈加美神社「年始の行事」を案内します p(^-^)q

1月1日「歳旦祭」があり、新暦1月1日(元日)に 宮中三殿(賢所・皇霊殿・神殿)で行われる年始を祝う祭祀。

1月9日「宵戎(よいえびす)」があり 十日戎の前夜祭になります。

1月10日「十日戎(とおかえびす)」。

正月10日に行う初恵比須の祭り。

「十日戎」といえば 兵庫の県西宮神社・大阪の今宮戎神社・京都の建仁寺などが有名で多くの参拝客が訪れます。

1月11日には「残り戎(のこりえびす)」で、正月「十日戎祭り」の翌日に行います。

奈加美神社「ご祈祷・安産祈願」の内容

奈加美神社のご利益から「安産祈願・初宮まいり・七五三まいり・家内安全・合格祈願・車のお祓い・厄除祈願・年祝祭」などの 各種祈願を受付ています。


(奈加美神社の住所:〒598-0002泉佐野市中庄834番地)

様々な祈願のなか『奈加美神社の安産祈願』について詳細を記したいと思います。

さて 奈加美神社の「主祭神=応神天皇(誉田別命 八幡様)」。

また「配歳神=母君 神功皇后」がお祀りしています。

「配歳神=神功皇后」が、約1800年前 朝鮮半島に出征のなか「主祭神=応神天皇」がお腹に身ごもられてました。

そのとき、石を帯のなかに巻きつけ 帰還後 無事にご安産。

このような事から 母君 神功皇后は『安産の神』として崇められ、岩田帯の起源にもなったそうです。

一般的に『安産祈願』は、妊娠5ヶ月の「戌の日(いぬのひ)」にお祓い・祈祷をし「岩田帯」を着帯。

『奈加美神社の安産祈願』では、安産祈願とともに「安産御守と岩田帯、日常時に着帯できる 腹巻き型の腹帯」もお授け頂けます☆

(※ 戌の日にお参りの理由は 動物の犬が 多産で安産なことから)

『安産祈願』や、その他のご祈願の料金と予約は電話にてお願い致します。

(拝殿内は空調機を完備)

●奈加美神社
電話予約申込み:072-462-7080 FAX:072-462-7085

奈加美神社の御朱印と歴史

最近は 日本全国の神社仏閣を参拝する「御朱印巡り」がブームでもありますp(^-^)q

奈加美神社の御朱印は、twitterより引用させて頂きます☆

「なかみ藤(藤巴)」と「成就ナス」が配しています。

ところで 奈加美神社(なかみジンジャ)では[オリジナル御朱印帳]も新調。

初穂料は1500円(天然木に神紋 なかみ藤と社名。裏には地元 泉州なすがモチーフの成就なす、レザー焼印で美しい)。

最後に 奈加美神社の由緒を紹介。

奈加美神社の場所は 泉佐野市中庄。

創建時代は不明、平安時代初期と考えられています。

ー主祭神ー
・誉田別命(ほむたわけのみこと)・・・天皇名は応神天皇・八幡さま
・息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)・・・神功皇后・応神天皇の母君
・比売命(ひめがみ)

ー御祭神ー
・誉田別命
・比売命
・息長帯姫命

旧社名は「大宮神社」で、この地域の中心の神社でした。

奈加美神社の名前由来は 中庄の「な」上瓦屋の「か」湊の「み」を取り 3町合同の願いをこめて名づけられたそう。

奈加美神社の本殿は 華麗な彩色の三間社流造で 府の指定文化財。

奈加美神社 境内の様子と「神鈴 成就なす」

パッと目を引く彩色が施された 奈加美神社の社殿。

奈加美神社は 1577年織田信長によって焼き払われました。

1610年に代官・新川宮内大輔、沙門松室坊賴真法師を始め 氏子衆によって再建。

三間社の社殿、屋根は流造で檜皮葺。

正面の千鳥破風・軒唐破風は市域最大で、大阪府指定文化財となっています。

もとは大宮神社といって八幡大神を祭っています。

本殿の建立は慶長15年(1610年)で、泉南地域の装飾性と特質を代表する桃山様式の社殿です。

三間社流造の千鳥の軒唐破風付きで、向拝(こうはい)中央には頭貫(かしらぬき)を入れず、両脇柱間には中国風の垂盤をつけるなどの特徴があります。

彫刻は蟇股内(かえるまた)や軒唐破風の琵琶板面に限られています。

木鼻類には彫刻を施さない反面、豊潤な彩色は華麗であり、泉南地域での近世初頭の遺構の特色をよくあらわしています。

9枚の棟札には建築に携わった大工、瓦師、塗師、調師などの工人や村役の名が残されています。

(引用:泉佐野市教育委員会より)

初詣・節分・お田植え祭・茅の輪くぐり神事・師走大祓など 年中行事はもちろん行われる奈加美神社。

加えて 様々なイベントも行われています。

その他 奈加美神社では藤棚、桜、花菖蒲、珍至梅、紫陽花、蓮、サギソウ、水仙などの植物や花でも楽しませてくれます(・∀・)/

各種の御札や御守(おまもり)などが用意されてますので、機会あれば 泉佐野 奈加美神社で初詣へお参りに行ってみてください。

さて ナスは縁起物ですが、地元の特産物で有名な「泉州なす」を題材にした 手作り土鈴『奈加美神社神鈴 成就なす』もあります。

手作り土鈴ならではの 素朴な鈴の音が楽しめるようですよ♪

以上「大阪・泉佐野『奈加美神社で初詣』~バスや電車でのアクセス方法」の調査をしました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー 関連記事 ー
◆泉佐野の奈加美神社【七五三詣り】~無料駐車場は5台あり~
◆泉佐野 日根神社の【お正月 初詣】駐車場やご利益について
◆泉佐野の【日根神社で七五三詣り】~駐車場の場所や初穂料金について~

 


スポンサーリンク

関連記事

  1. 大阪 泉南・長慶寺で初詣(初参り)攻略~6月はアジサイ寺で有名~…
  2. 泉佐野の【日根神社で七五三詣り】~駐車場の場所や初穂料金について…
  3. 秋のおでかけ☆熊取【永楽ゆめの森公園】攻略~アクセスや駐車場・遊…
  4. カンタン!DQウォーク【AR撮影】の操作方法・やり方手順
  5. 【JR回数乗車券(回数券)】はクレジットカードで買える!~みどり…
  6. 大阪の人気観光【通天閣(つうてんかく)】攻略~最寄り駅は「恵美須…
  7. 泉佐野 日根神社の【お正月 初詣】駐車場やご利益について
  8. カンタン☆普通車の【自動車税納税証明書】の郵送方法~税事務所への…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP