施設めぐり

泉佐野の奈加美神社【七五三詣り】~無料駐車場は5台あり~


スポンサーリンク

国道26号線から ほど近い距離の【奈加美神社(なかみじんじゃ)】は 大阪・泉佐野市 中庄にあります。

建てられた時代は およそ平安時代初期と考えられる【奈加美神社】。

【奈加美神社の本殿】は 府の指定文化財にもされています。

そんな【奈加美神社】へ車でのアクセス法や 七五三参り(初穂料など)について調査しました。





【奈加美神社】車でのアクセス法

クルマで行く【奈加美神社(なかみじんじゃ)】アクセス方法を案内します。


(奈加美神社の住所:〒598-0002泉佐野市中庄834番地)

国道26号線から来るばあい、信号交差点[中庄北]を海側へ曲がります。

住宅街の細い道路に入りますが、まっすぐ走ると まもなく左手に【奈加美神社】が見えますので到着。


(丸枠あたりに パーキングがあります)

車の駐車場(無料パーキング)は、神社の向かいに5台ありますので 停めてください。

(駐車場の地面は、アスファルトで舗装がない、雨天時はぬかるみに注意)

※万が一、駐車場が満車のばあい【奈加美神社 社務所】へ相談すれば、境内へ駐車させてもらえます。

奈加美神社『七五三詣り予約方法』と『ご祈祷料』

七五三まいりは男女児とも三歳を髪置(かみおき)。

男児五歳を袴着(はかまぎ)。

女児七歳を帯解(おびとき)とそれぞれの習慣に由来しています。

奈加美神社(なかみじんじゃ)では『七五三まいり』を10月から11月中 受け付けています。

男の子は3歳と5歳。

女の子は3歳と7歳で いずれも「数え年 満年齢」ともに受け付が可能です★

奈加美神社 七五三詣りでの「ご祈祷料金(初穂料)」は一人5000円。

(※ ご祈祷時間は約20分 お守り・千歳飴・知恵おこしと好きなオモチャを選べます)

七五三詣りの申込みは[電話で予約制]となりますので【奈加美神社】へお電話(問い合わせ)ください。

●奈加美神社 電話番号:TEL 072-462-7080

営業時間: 8:00〜17:00となり、ご祈祷時間も希望時間で大丈夫です。

奈加美神社の『ご由緒』

ー主祭神ー
・誉田別命(ほむたわけのみこと)・・・天皇名は応神天皇・八幡さま
・息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)・・・神功皇后・応神天皇の母君
・比売命(ひめがみ)

ー御祭神ー
・誉田別命
・比売命
・息長帯姫命

正確な創建時代は不明ですが 平安時代初期と推測される 奈加美神社。

(旧神社名は「大宮神社」)

1248年には 分霊分社が続き本郷・中庄を含む 近郷七ヶ村に及ぶ 七座七村の惣鎮守社として崇敬を集めていました。

大宮神社は 紀州根来寺の触下で かつては社領三千石を有す。

ところが 1577年(天正5年)織田信長の根来攻めの際に、ことごとく焼き払われました。

しかし 戦災の後 時の代官「新川宮内大輔、沙門松室坊賴真法師」などが再建に尽力を尽くし、1610年(慶長15年)8月社殿を造営。

「奈加美神社」と称されるようになったのは 三ヶ村の頭仮名文字に由来、中庄・上瓦屋・湊の三ヶ村が永劫に「和協一致」精神による護持運営を願うということで・・・

中庄の「な」上瓦屋の「か」湊の「み」をつづり合わせ、万葉仮名の響きも美しく【奈加美神社(なかみじんじゃ)】と改称されました。





奈加美神社 本殿は文化財

奈加美神社の中の本殿は[大阪府指定文化財]です。

当社の本殿は、慶長15年(1610)年に時の代官・新川宮内大輔、沙門松室坊賴真法師を始め氏子衆が中心となって再建されました。

建築様式は三間社流造の桧皮葺(ひわだぶき)。

正面は軒唐破風(のきからはふ)と千鳥破風を設けている。

また千木・勝男木を頂き、正側面三方に縁を廻らし、木鼻や拳鼻などの多様な彫刻が特徴的で、極彩色の華麗な装飾が施されています。

これら施工のすべてが地元の大工、葺師、塗師、彫師たちの手によったことが棟札から伺われる。

境内には資料館があり、古い棟札や石燈籠、模型船などが陳列されている。

奈加美神社(なかみじんじゃ)の境内の様子

奈加美神社(なかみじんじゃ)の境内を紹介します。

駐車場にクルマを止めると、すぐ真向かいに神社があります。

鳥居をくぐると、すぐ【奈加美神社(なかみじんじゃ)】。

「日根神社」のように、何個も鳥居はありません。

しかし、鳥居をくぐり 観える建物は 奈加美神社の赤色の社殿。

赤色の社殿は なかなか立派です★

ところで、雰囲気がわかるよう 奈加美神社の様子を動画撮影。

youtube動画:「泉佐野市・七五三は奈加美神社(なかみじんじゃ)神社」

車では 5台 無料駐車場がありますが、電車でのアクセスは 南海電車「井原里駅」から800メートルほど。

徒歩で15分弱ほどです。

また、バスで行くばあい 南海本線「泉佐野駅」から 南海ウイングバスと 泉佐野コミュニティバスで行くことができます。

泉佐野市の【奈加美神社】では七五三詣りができます。

11月にはいると、混雑が予想されますので 【奈加美神社 ご祈祷】は早めに電話予約したほうが良さそうです。

(メールでの問い合わせ・予約は不可と思われます)

以上「泉佐野の奈加美神社【七五三詣り】~無料駐車場は5台あり~」の話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー 関連記事 ー
◆泉佐野の【日根神社で七五三詣り】~駐車場の場所や初穂料金について~
◆泉佐野市の漁港【青空市場】攻略~無料駐車場や営業時間の紹介~
◆泉佐野の公園【泉佐野丘陵緑地】は駐車場無料~夏休み自然教室も開催~
◆【関空アイスアリーナ】12月25日オープン予定~場所はりんくうタウン駅そばでスケートやカーリングもできる~

 


スポンサーリンク

関連記事

  1. DQウォーク 大阪のランドマーク【ご当地クエスト お土産】通天閣…
  2. 【Dr.ストレッチ 感想レビュー】3回目のストレッチ専門店 訪問…
  3. 大阪の阪南市「波太神社の初詣(初参)」~駐車場や波太神社の歴史~…
  4. 泉佐野市の漁港【青空市場】攻略~無料駐車場や営業時間の紹介~
  5. 大阪・田尻の【日曜朝市】攻略~新鮮な魚介類や野菜・惣菜を紹介~
  6. 通天閣でドラクエDQウォーク ☆大阪のランドマーク【ご当地クエス…
  7. 大阪の海水浴場【箱作・ぴちぴちビーチ】☆箱作海水浴の攻略情報
  8. 大阪のニトリ店舗【りんくう店】~営業時間と駐車場料金の紹介~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP