自然

和歌山【根来寺の紅葉 見頃】を調査~根来寺(もみじ谷)の駐車場や拝観料金~

和歌山県・岩出市の根来(ねごろ)にある 新義真言宗総本山の寺院【根来寺(ねごろじ)】。

【根来寺】には『大毘廬遮那法界体性塔(だいびるしゃなほっかいたいしょうとう)』が 国宝に指定されています。

通称[大塔]と言い 高さ40mを誇る 日本最大の木造建築で、日本最大で唯一無二の国宝。

また、大伝法堂には、重要文化財の本尊 大日如来・金剛サッタ・尊勝仏頂(そんしょうぶっちょう)を安置する 由緒あるお寺です。

そんな【根来寺】は 11月下旬から12月初旬にかけ【根来寺 紅葉狩りの見頃】となります☆

キレイな紅葉(もみじ)が観たい~!とはいえ、見頃シーズンでなければ ガッカリ。。。

【根来寺の紅葉】を 11月下旬頃 見に行くと まだすこし早い(紅葉が進んでない)可能性もあるらしい。

ということで【根来寺 紅葉狩りの見頃】を調査するため 11月26日に調査して参りました。

(紅葉狩りの動画もあり★

根来寺へのアクセスや駐車場とトイレ、拝観料金なども紹介します。





根来寺へ車での行き方(アクセス方法)

「根来寺へ車での行き方」をカンタンに案内します。

●阪和自動車道「泉南IC」から約15分。

●阪和自動車道「和歌山IC」から約25分。

●京奈和自動車道「岩出根来IC」から約5分。


(画像引用元:根来寺HP アクセスより)

アクセスの目印ポイントは、京奈和自動車道 高架が見える辺りに「かつらぎ」「近畿大学」「根来寺」と青い看板が見えますので、看板通り その信号交差点「岩出根来I.C南)を曲がります。

すると、5分もかからず 根来寺の駐車場へ到着します。


(根来寺住所:和歌山県岩出市根来2286)

不安なかたは、上のグーグルマップ「拡大地図」にて確認すれば 分かりやすいと思います^^

また 公共交通機関の電車とバスで【根来寺(ねごろじ)】へ行くアクセス方法です。

快速と普通列車が停車する JR阪和線「JR和泉砂川駅」で下車し『和歌山バス那賀 [急] 岩出駅前行』に乗車。

「和泉砂川」から「根来寺」で下車。

(早くて 30分弱で砂川駅~根来寺に到着します)

根来寺の光明殿隣の休憩所には「バスの時刻表」が置いてあります。

良ければ 帰りのバス乗車にご参考ください。

根来寺(ねごろじ)の「無料駐車場」の場所と様子

クルマで根来寺へ来たばあい、駐車場へ停めますが「無料駐車場(パーキング)」があり 有料でないので嬉しいですよね。

(岩出市民族資料館の西側になります)

道路手前には 根来寺「寺標」が左手に見え そこを通り過ぎてすぐ 看板「駐車場入り口」「無料駐車場」と掲げてあるので左折し 入ります。


(看板はすこし小さめなので 見つけにくいですが。。。)

曲がって上り坂をあがると、すぐ 広い無料駐車場があります。

ここが 根来寺の無料駐車場(パーキング)で、およそ 80台の普通車が駐車可能。

舗装された駐車場ではなく、雨天時は足元が汚れそうですが 多くの車台数が駐車できる広さ☆

駐車場のすぐ端には「男女トイレ」も2箇所あるので安心。


(【根来寺へ有料拝観】なら、本坊内や その外にもトイレはあり)

さぁ、それでは【根来寺 紅葉狩り】を詳しく調べます。





根来寺 紅葉狩りスポット『もみじ谷公園』

【根来寺 紅葉狩り】調査日は2019年(令和元年)11月26日(火曜)の平日☆

月末に近い 11月26日では、どれほどの根来寺 紅葉(もみじ)が見頃を迎え 美しいのか?

じつは【根来寺 紅葉狩り】とは、根来寺へ拝観料金(入山料)を払い 根来寺の大塔・本坊の周辺を見学=【根来寺 紅葉狩り】と呼ぶだけではありません。

無料駐車場横 大谷川の両サイドに植えてある赤やオレンジ、黄色など「カエデ、モミジ」の木々を観るのも【根来寺の紅葉狩り】でお勧めスポットです(^ε^)♪

つまり[もみじ谷公園(紅葉谷)の紅葉]を観るには、無料なのに 素晴らしい もみじ狩りが叶うのです。


ここ[もみじ谷公園(紅葉谷)]のスポットで、秋には紅葉 初夏にはゲンジボタルも飛び交うそう♪

無料駐車場から、階段があるので 谷へ降りていくと 遊歩道が整備されています。

(twitterより根来寺の紅葉)


(整備といっても、ときに 足元が悪かったり、狭い箇所もあるのでご注意を)

さて 平日【根来寺 紅葉狩り】観光客の皆さんは そこそこに訪れ 楽しんでおられました♪

[もみじ谷(紅葉谷)公園]の紅葉を観られる場所には、真ん中に大谷川が流れています。


(キレイな清流~という感じではなく、水 流れてる? (。´・ω・)笑)

公園途中には ベンチ(イス)もあり お昼には「お弁当」を食べているご婦人さん達もいました。

(紅葉を見ながら弁当を食べるのも風情がありますね~)

11月26日現在 根来寺の紅葉は満開!と言えるか 分からないけど、かなり色づいており 空を見上げ 燃えるような紅葉も場所によっては観られました。


(色づき始めの時期は 過ぎていたと思います)

ところ、どころ 緑色の葉もあったり、黄色の葉もありますが、色とりどりの木々に囲まれた遊歩道は 静かで空気の澄む 癒やしの空間でした。





根来寺 紅葉「見頃やライトアップ」と昼動画★

では 和歌山県の根来寺(ネゴロジ)紅葉「見頃やライトアップ」など詳細情報を紹介します。

岩出市・根来寺(もみじ谷公園)の紅葉狩り 見頃は「11月下旬~12月上旬」と様々なサイトに記載あります。

しかし、11月下旬頃では、まだ見頃を迎えていない可能性が多そう。

もみじ谷公園 紅葉の見頃は2019年においては 11月 月末~12月初旬あたりでしょうか。

とはいえ、毎年 その見頃シーズンが同じこともなく、来年は見頃が 11月下旬かもしれません (;^ω^A

リアル情報を 目で観て知りたいなら【総本山 根来寺の公式ツイッター】がお勧め☆

毎日更新はないですが、秋の季節になると 時々 紅葉画像をアップしています。

そして【根来寺の紅葉】の見学時間ですが、お寺(根来寺)では拝観時間があります。

●根来寺 拝観時間と入山料

・夏期4月~10月 9:10~16:30

・冬期11月~3月 9:10~16:00
   
・入山料:大人(中学生以上)1人500円 小人無料

(住所・所在地:〒649-6202 和歌山県岩出市根来2286)

根来寺TEL:0736-62-1144

根来寺FAX:0736-62-1044

ですが、紅葉を観る場所は「もみじ谷公園」もありますので、拝観時間と金額は関係なく タダで鑑賞できることにも★

また、駐車場も夕方になると閉鎖せず、無料パーキングは開いています。

ただし、残念ながら 根来寺(紅葉谷)の紅葉はライトアップ(照明)サービスがないので注意ください。

ですから、夕方4時半以降に紅葉を見に来ても、光がなく 辺りは暗く せっかくの「紅葉狩り」を楽しめなさそうう。。。

ということで【根来寺の紅葉】は、お昼時に訪問したほうが 遊歩道も歩きやすく 天気良ければ青空とのコラボで オススメです。


(ちなみに H24年度では 紅葉関連観光客数25,184人、和歌山県内では4位にランキング☆)

根来寺(もみじ谷)紅葉狩りのコツと便利な持ち物

最後に【根来寺(紅葉谷)の紅葉】を調査見学し、これがあれば便利!というグッズ。

また、もみじ谷の散策コースについて スムーズに歩けるコツをお伝えします。

根来寺へ拝観(入山)するかたは、拝観料の現金500円が必要です。

(クレジットカード払いが可能なのか、聞き忘れました。。。)

また、スマホ(携帯電話)やデジタルカメラがあれば きれいな紅葉風景を撮影できるので持っていくと便利です☆

ところで もみじ谷公園の遊歩道 途中では「自動販売機」はありません。

喉が渇いたばあい、水分補給できるよう あらかじめ「ペットボトルのお茶」や「マイ水筒」を持参すれば良いでしょう♪

12月初旬ともなれば、気温が低いことがあります。

公園を散歩すると 意外と冷えるので、首元には「ネックウォーマー」や「マフラー」があると風邪予防になります。

もみじ谷公園は めちゃめちゃ広い公園(峪)ではないので、散策時間も30分もあれば大丈夫です。

また 公園ベンチに腰掛け 友達と会話・おしゃべりするなら お菓子や軽食を持参してもピクニック気分で楽しいでしょうo(^^o)

では最後に「根来寺拝観後に 紅葉狩りに行く」観光客の皆様に 散策ルートについてコツ(注意点)を案内します。

(※ 根来寺を拝観せず 駐車場 → 直行して紅葉狩りへ行く方には 関係ないお話です)

根来寺の駐車場へ到着後、まず根来寺拝観(見学)へ行くと思われます。

入山拝観受付所にて、入山料を支払い 目の前の階段を上がり「本堂」へ向かいます。

その後、隣に建つ「大塔」を拝観し「大師堂」「奥の院」「本坊」へ進むと思われます。

最後に到着する施設が「鐘楼門」を拝観したら・・・このまま緩い階段を下っていきたくなります。

そして もみじ谷公園 紅葉 を見て駐車場へ帰ろう~♪と思います。

ところが、、、もみじ谷公園は、基本 下側からは入場できません。

(チェーン?があり、入場できない)

先程 入山拝観受付所のある、上側から入ることになります。

文章で書くと難しいので「もみじ谷公園へのルート」は 下の画像を参考にしてください。

「鐘楼門」を拝観後は 黄色矢印へお進みください。

ピンク色矢印へ進み歩くと、駐車場へは出ますが「もみじ谷」へは入場不可となります。

(私自身が調査中に体験した失敗ルートです)

根来寺の境内内は すごく広いわけではないですが、それでも徒歩で疲れます。

ですので「根来寺拝観後 もみじ谷公園の紅葉」を さいごの締めで観たい!というかたは、どうぞお気をつけくださいね┌(°∀°)b

紅葉狩りに行ったあとは、駐車場向かいに[古民家カフェ・レストラン 初花]があります☆

和食のお店ですが、スイーツもおいしそう~ヘ(゚∀゚*)ノ

散策すれば お腹も減る(笑)。

楽しみが満載の【根来寺 紅葉狩り】ですね~。

(毎年「紀州根来寺かくばん祭り」という紅葉の中 境内全域でおこなわれる祭りもあるそうです★)

以上「和歌山【根来寺の紅葉 見頃】を調査~根来寺(もみじ谷)の駐車場や拝観料金~」の話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー 関連記事 ー
◆入園料無料☆【大阪 泉南市のローズガーデン】~秋のローズフェスティバル~
◆秋のおでかけ☆熊取【永楽ゆめの森公園】攻略~アクセスや駐車場・遊具施設の紹介~
◆大阪・田尻の【日曜朝市】攻略~新鮮な魚介類や野菜・惣菜を紹介~
◆公開【泉南ふじまつり】4万房の豪華な藤棚!~梶本家の野田藤(南大阪・泉州)~
◆大阪・泉州【金熊寺梅林】二千本の梅が見られる!~読み方は【きんゆうじばいりん】~
◆【JR回数乗車券(回数券)】はクレジットカードで買える!~みどりの窓口での購入方法や注意点~

 

Twitter で泉州の大倉さんをフォローしよう!

大倉葵

投稿者の記事一覧

当サイト「泉州地域〜大阪南部情報☆」の運営をしています『泉州情報(大阪南部)発信家(ブロガー)』大倉葵(おおくらあおい)と申します。

泉州地域に住み もはや20年以上ですが、この地域の施設・観光地などたくさん発信していきます。

関連記事

  1. マーブルビーチでの【バーベキュー利用】の攻略情報~駐車場料金やB…
  2. 泉南りんくう公園 グランピング施設の予約方法【URBAN CAM…
  3. 鬼滅の刃【オニが嫌う藤の花】じつは本当に有毒性があるが「日本固有…
  4. りんくうアウトレット【2020夏グランピング施設オープン】�…
  5. 泉佐野市の漁港【青空市場】攻略~無料駐車場や営業時間の紹介~
  6. 秋のおでかけ☆熊取【永楽ゆめの森公園】攻略~アクセスや駐車場・遊…
  7. 大阪・熊取 ブルーベリー狩り攻略★【和田山ベリーパーク】料金や駐…
  8. 大阪・田尻の【日曜朝市】攻略~新鮮な魚介類や野菜・惣菜を紹介~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP