施設めぐり

大阪の人気観光【通天閣(つうてんかく)】攻略~最寄り駅は「恵美須町駅」「動物園前駅」~


スポンサーリンク

大阪府 浪速区(なにわ)にある展望塔【通天閣(つうてんかく)】。

(年中無休で 通常時間 8:30~21:30の営業)

【通天閣】を 実際に目で観たことがない人も、テレビやインターネットなどで 一度は見たことがあると思います。

(通天閣=天に通じる高い建物の意味)

大阪の観光名所とも呼ばれる【通天閣】へのアクセスは?

通天閣って何階建て?

そして入場可能なの(昇れる)?

また【通天閣(つうてんかく)の中】は どうなっているのか 調べてみました★





通天閣 最寄り駅は「恵美須町駅」「動物園前駅」

大阪の浪速区にある【通天閣(つうてんかく)】。

通天閣の周辺には[天王寺動物園][天王寺公園][大阪市立美術館][あべのハルカス]など 観光地がたくさん。


(住所:〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東1丁目18-6)

普段 歩き慣れている方には 各観光地までの距離は 大したことないです。

(ウォーキングで毎日1時間歩いている人など)

しかし、徒歩には慣れていない、天王寺周辺は よく分からない。

そんな方には 電車などの公共交通機関が便利で 楽です☆

通天閣で一番の最寄り駅は「恵美須町駅(えびすちょうえき)」。

(実際 通天閣の住所も 恵比寿東ですからね)

「阪堺電車(路面電車)」や「大阪市営地下鉄・堺筋線」で「恵美須町駅」を下車。

恵美須町駅から 歩いて200メートルほどの距離に 通天閣があります。

次に 通天閣へ近い最寄り駅は「動物園前(どうぶつえんまえ)」。

地下鉄・御堂筋線と堺筋線に乗り「動物園前」で降りる。


「動物園前ホーム」から階段(エスカレーター)を上がり、改札口を出て番号1 を上がっていきます。

階段を登りきると、左に 赤色外装のパチンコ屋(串カツ居酒屋 大よし)があり、通り過ぎると「新世界・通天閣・ジャンジャン横丁」と看板があるので分かります☆


(写真の高架下をくぐると・・・見えてくるよ~)





大阪 繁華街の一つ「新世界」

「新世界・通天閣・ジャンジャン横丁」の看板方面へ歩くと、すぐ「ジャンジャン横丁」に入ります。

正式名は「南陽通商店街」ですが 別名「ジャンジャン横丁」と言われます。

その昔、お店の呼び込みで 三味線が使われ “ ジャンジャン~ ” と 三味線の音が鳴り響いたところから「ジャンジャン横丁」と 呼ばれます。

「ジャンジャン横丁」は、現代のショッピングモールとは異なる 昭和時代の商店街☆という感じ。

道幅も狭いですが、多くの観光客で賑わっています。


(串カツで有名な 八重勝 やえかつには、すでに行列が。)

この「ジャンジャン横丁」を通り過ぎると、テレビやネットでも観たことのある 大きな派手なお店看板が広がる 新世界の中心部になります。

お店は『串カツ屋』が多く『どて焼き』『ホルモン』『たこ焼き』など 美味しいB級グルメが目白押し。

見えてくる景色の色合いが、赤、青色、黄色、緑、金色・・・目がチカチカしますが、様々な立体的に造形されたお店 看板には圧倒され まるでアート。

1店1店の看板ならショボいけど、多くの派手看板が集結し「新世界」に 相乗効果が出ています。

賑やかな街並みができ、まさに「大阪の街ー!」元気でエネルギーに満ち溢れていますね。

さぁ 通天閣南本通りを抜けると、いよいよ展望塔【通天閣(つうてんかく)】です。

大阪名所【通天閣】上がる前に「天井画」を注目☆

展望塔【通天閣(つうてんかく)】が見えてきました。

ちなみに[スマホゲーム・DQウォーク]でも 通天閣クエストが開催中なのでチェックしてね(笑)。

もう 目の前に近づくと、かなりの大きさと迫力があります。

日本人だけでなく、外国から多くの観光客もいます。

さて 通天閣の真下にはいり 上へ仰ぐと・・・3羽の孔雀(クジャク)がいる 美しい花鳥画。

通天閣 脚部の天井に描く絵は「中山太陽堂(現・クラブコスメチックス)の広告画」。

直径17メートルに描かれています。

実は、現在の通天閣は2代目で 初代通天閣は1912年(大正元年)に建設されたが 1943年に火災で解体。

2代目通天閣は 1956年(昭和31年)に再建された。

この花鳥画は 初代通天閣の天井画の記録から、日本画家の沖谷晃司さんが 新たに原画制作し 2015年に完成したもの。

(完成原画は フィルムに拡大印刷され 天井に張り付け)

日没後には ライトアップされるそうで、夜のお出かけも楽しめそうです。

では、いよいよ【通天閣へ入場】を案内しますが、入り口は ユニークですが地下1階です。

通天閣 入り口は B1から入場

大阪の人気スポット【通天閣の出入り口】は、1階ではなく地下1階となります。

写真のように「通天閣展望台入り口」と書いてあるので分かりやすいです。


(矢印もたくさんで 7つも付いてる 笑)

カラフルな階段(エレベーターもあり)をおりていくと、食品メーカーのアンテナショップがズラリ。

(日清食品「チキンラーメンひよこちゃんSHOP」森永製菓「キョロちゃんのおかしなおかし屋さん」江崎グリコ「ぐりこ・や」3店舗あり)

そして『通天閣のチケット売り場』と『通天閣へのぼるエレベーター』があり、平日でも行列です。


(地下1回のフロアーも 派手な色彩。。。)

エレベーターへ登る前に「通天閣入場券800円(大人)」を購入。

ー通天閣入場券(5階まで)の料金ー

●大人(高校生以上)800円

●中学生 / 小学生 / 幼児(5歳以上)400円

●団体料金20人以上 大人700円 中学生 / 小学生 / 幼児(5歳以上)300円

●障がい者割引料金 大人600円 中学生 / 小学生 / 幼児(5歳以上)300円

通常時間 8:30~21:30(年中無休)

(※注意:入場は終了時間30分前の21:00まで)

現金で支払いはもちろん、クレジットカード払いも可能です。

そして、順番にエレベーターへ搭乗しますが、広いエレエレベーターではないので、混雑する感じ。

ちなみに 5階より もう1階上には・・・通天閣 特別野外展望台RF「天望パラダイス(地上94.5m)」があります☆

展望回廊直径8.5m。
普通は立ち入ることの出来ない特別な空間。

受付場所:5階インフォメーションカウンター。

特別野外展望台RFへは 追加入場料金が必要で大人(高校生以上)+500円。

中学生・小学生・幼児(満5才以上) +300円です。

(twitterより引用 特別野外展望台の様子)

※ 地下1階は【通天閣わくわくランド】と言いますが、ここはチケット売り場とアンテナショップ。

嬉しいことに 無料で入場できる場所。

通天閣へ登るには、800円のチケットが必要ですが ここB1のみなら 買い物が普通にできるのです☆





B1から2階へ行き 5階までエレベーター☆

B1エレベーターで上がり、まずは2階まで到着します。

2階から 別エレベーターで5階まで 一気に上がりますが、やはり ここでもエレベーター待ちで混雑。

しかし[キン肉マンプロジェクトアーカイブコーナー]が2階には設置され 待ち時間を退屈せず楽しめる。


(ウォーズマンとロビンマスク☆)

特に[キン肉マン]を ジャンプ漫画や TVアニメで観た世代には 懐かしさがこみ上げる。

さて この日は平日でしたので、待ち時間は10~15分ほどで、5階までのエレベーターに案内されました。

(5階へのエレベーターも めちゃめちゃ広くはないが、2つエレベーターがあるので 回転は まぁ早いです)

通天閣5階景色 各階コーナー詳細

18メートルの【通天閣(つうてんかく)2階】から 87.5mの5階までエレベーターで。

ツウテンカク5階に到着すると・・・ゴールド(黄金色)な風景のフロアです。

そして、ガラス窓からは 大阪市内をグルリと見渡せる。

あべのハルカスが見えたり、天王寺動物園も見えます。

臨場感を楽しみたい方は、通天閣5F youtube動画を撮影しましたので どうぞ♪

そして 通天閣5階には アメリカ生まれ 大阪育ち “ 幸福の神 3代目ビリケンさん ” が鎮座。

足裏をなでてお願いすれば ご利益があると言われています。

4階は『光の展望台(84m)』。

昼はあまり パッとしないが 夜になると派手な照明と ミラーボールでディスコフィーバーな展望台へ。

3階は『トップフロアー(22m)』と呼ばれ「新世界の歴史」が映像や写真、ジオラマで鑑賞できます。

ユニークな「通天閣パフェ」が販売の喫茶店もあるので休憩できる。

また、グリコのお菓子(ぐりこ・や)も販売しており、レア商品もあります。

2階『アンダーフロアー(18m)』で、お土産の売店をメインに、様々なものが飾る「ヂャンヂャン町」。

通天閣5階から「階段」で下り 疲れた

初めは 面白いかな~と思い 通天閣5階から「階段」で下りてみました。

結論は・・・とても疲れました!

最初は 余裕があり階段を下りていたのですが、下りても下りても地上に近づかない。

このまま 本当に出ることができるのか?と不安になりましたが、無事にゴール☆

このような「階段チャレンジ」も楽しいですが、安心ください。

ちゃんと 通天閣 各フロアにエレベーターがあり、下階へおりることができます。

ですので、体力に自信があるかたは、思い出に「階段トライ」しても面白いですよ。


(階段の途中出ると 3RF 通天閣庭苑(26m)というオシャレな庭園もあります)

通天閣「日立」文字の意味や理由

通天閣を 遠くからでも、近くから観ても目立つのは『日立(ひたち)』の宣伝文字。


(「社会イノベーションの日立」「社会に貢献する日立」)

日立は 通天閣の広告スポンサーですが、茨城県にある『電機メーカー:日立製作所』。

関西圏でなく、関東地域の有名会社が なぜスポンサーなの?と不思議に思います。

実は 二代目通天閣再建中 なかなかスポンサーが見つからないなか、快く応じたのが『日立』でした。

おかげで『日立製作所』の名も 関西で有名になり、通天閣も盛り上がり 今では大阪の顔にもなりました。

ちなみに「通天閣内のエレベーター」も日立製品なのです^^

おまけ:新世界で「串カツ」たべよう

「THE・ナニワ」「THE・Osaka(おおさか)」という通天閣。

土日や夏休み、ゴールデンウィークなど 通天閣が混雑するのは免れないでしょう。

入場しても、かなりお客さんも多く 長い行列で スムーズに観光できませんが 観光地気分を味わえるのは 間違いありません☆

ところで 昼の時間帯では、混み合うので 平日 昼前に「串カツ」を頂くのも お勧めです。

[通天閣の串カツの口コミレビュー]は、たくさんあるので、どこの店が良いのか分からなくなります。

とりあえず、混雑して大変なことになっているお店では、やはり店員さんもお客さんも 不機嫌になりがち。

美味しかろうが、味が合わないだろうが それはもう 個人的な味覚になりますので エイッ~☆とお店へ入れば良いと思います。

通天閣で食べた串カツ屋は「串かつ・どて焼き 壱番(いちばん)」。

あとで確認すると、かなり口コミやレビューがイマイチなお店でした。

しかし、私自身は 壱番の女性店員さん態度も良く、また美味しく頂けましたので満足です。

写真の串かつは、左から「レンコン120円・うずら玉子120円・ささみしそ巻160円・マグロ200円」。

ドリンクは、不要だったので「いりません」と言うと、お冷(水)をくれました。

また、串かつの食べ方に自信がなかったので、聞いてみると「ソースの二度付けはしないで、最初に付けてください。」

と、丁寧に教えてくれました。

串かつは、とても熱く 揚げたてで ヤケドに注意ですね。

「マグロの串カツ」も注文したのですが、まるで「柔らかなお肉」?という食感。

自分が何を注文したのか 分からない感覚になりました(笑)。

とはいえ、油ももたれず パクパクと頂きました、ご馳走さまでした。


(一人のお客さんなら カウンター席、数人のお客さんなら テーブル席を誘導される)

通天閣(新世界)には、多くの「串かつ屋」がありますので、最初に チェックしておいて 気になる店を訪問するのも良いですね。

最後に「通天閣の営業時間」は 年中無休で 通常時間 8:30~21:30です。

(年末もお正月も営業中なんて 素晴らしい~)

大阪のシンボル・有名スポット通天閣へ 機会があれば観光しに行ってみてください。

以上「大阪の人気観光【通天閣(つうてんかく)】攻略~最寄り駅は「恵美須町駅」「動物園前駅」~」の話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー 関連記事 ー
◆通天閣でドラクエDQウォーク ☆大阪のランドマーク【ご当地クエスト お土産】攻略情報~
◆DQウォーク 大阪のランドマーク【ご当地クエスト お土産】通天閣・関空・海遊館・万博公園
◆大阪・阿倍野区の【Dr・ストレッチ】~着替えやストレッチの流れと料金について~

 


スポンサーリンク

関連記事

  1. 泉佐野 日根神社の【お正月 初詣】駐車場やご利益について
  2. 大阪のニトリ店舗【りんくう店】~営業時間と駐車場料金の紹介~
  3. 泉佐野の奈加美神社【七五三詣り】~無料駐車場は5台あり~
  4. 【Dr.ストレッチ 感想レビュー】3回目のストレッチ専門店 訪問…
  5. カンタン☆普通車の【自動車税納税証明書】の郵送方法~税事務所への…
  6. 初心者も簡単☆【セルフ式ガソリンスタンド】ガソリン給油の入れ方・…
  7. 関西空港近くの民間駐車場【りんくうパーキング】予約方法や料金
  8. 大阪・阿倍野区の【Dr・ストレッチ】~着替えやストレッチの流れと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP